スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタイナー教育セミナーin bkkのご案内 

子どもをどうやって育てたらいいのか。現代に生きる大人達は、答えを出せずにいるのではないでしょうか。
今回、私の古くからの友人で、学校法人「北海道シュタイナー学園いずみの学校」の校長先生ご夫妻が来タイされることになりました。この学校は自然豊かな北海道にあります。
この機会に自然派育児を志す皆さんに是非ご紹介したく、子育ての参考にしていただければとセミナーを開催いたします。タイでシュタイナー学校を知ることができる貴重な機会です。

シュタイナー教育とは、ドイツの思想家で哲学者のルドルフ・シュタイナー(1861ー1925)が始めた教育のことです。人間を、身体、心、精神という全てを包み込む全体性においてつかみとり、子どもの発達段階に合わせて必要なことを行っていく、人間理解に基づいた教育です。子ども一人一人をよく見つめ、その子本来がもついのちの輝きをより一層輝かせたいと願っています。
いずみ学校ホームページ 
www.hokkaido-steiner.org/
//npo.hokkaido-steiner.org/


プログラム
3月26日 月曜日
場所 GAIATABLE スクンビット49/9 

3月26日 A:10ー12時   出会いの会
心を開きあう方法からはじめます。皆さんがリラックスしたところで、シュタイナー教育の背景や、歴史、大変ユニークな特徴などを学んでいきます。日頃の子育てで、迷っていることや悩んでいることの解決の糸口をみつけましょう。
お話 米永校長先生 林麗先生 
 お子様ずれでどうぞ
     
B:13ー14時  シュタイナー学校の模擬授業  
林麗先生が先生、お母さんが生徒になって、どんな授業なのか、子ども達が何を感じるのか体験しましょう。

D:15:30ー 個人セッション  
個人的にご相談がある方はお申し込みください。A受講者対象
         
林麗サンからのメッセージ
シュタイナー教育は「自由への教育」とも言います。大人になってから誰かの意見に左右されることなく、何かにとらわれることなく、自らの心で感じて、自らの頭で考え、自らの手足を動かし行動していける。本当の自由な人間に向かう教育なのです。
シュタイナーの教師が、絶対読まなくてはならない本の1ページめにある言葉は「目に見えない存在たちの委託をうけて仕事をしようとしています。その存在たちと、どのように結びつきをもつことができるのだろうか。……このことをはじめに考えてください。」とあります。その言葉をいつも胸に、子ども達にとって、必要なことが日々行えるように、瞑想とともに授業を行っています。

問い合わせ、参加申し込みはコメントからどうぞ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://megumisan.blog17.fc2.com/tb.php/357-bd1a88ed

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。